2005年4月30日土曜日

箱根日帰り

新型ロマンスカーに乗ろう!
という目的で箱根まで行ってきました。
往復ともに小田急を使う予定が、
寝坊して電車に乗り遅れるわ、予約券を忘れるわで
結局はアクティで小田原まで行くことになりました。


小田原駅は駅ビルの建設もしているし、
再開発真っ只中な感じでした。
でも、近代的な駅舎になった分、
旅情は減ってしまい、ターミナル駅の雰囲気です。
前は箱根登山鉄道が隅っこのほうにあって、
これから箱根だぞ!という感じでしたけど、
今じゃ、新百合ヶ丘で小田急多摩線に乗り換えます、
みたいな感じになっちゃってます。

箱根に行ったときはいつも旧街道を歩くのですが
GW中ということもあり、自動車の交通量が多いので
箱根湯本から須雲川まではバスで行き、
そこからの遊歩道を歩きました。
須雲川から畑宿まではすれ違う人もおらず、
遠くに聞こえてくる自動車の排気音さえなければ、
江戸時代にタイムスリップしてしまっても
気づかないような、そんな静かな雰囲気でした。
畑宿以降は観光客も増え、
すれ違う人に挨拶しながら歩きました。
畑宿以降の方が道は整備されていますがが、
畑宿以前の方が趣があって楽しい道のりでした。
なぜか、すれ違う人の方が多いような気がしたが、
石畳の坂道を下るのは、上るより辛いように思いますので
箱根湯本からの昇りの方がおすすめです。
箱根の関所跡ですが、前に行ったときと雰囲気が違うな。
と思ったら、なんと関所は今修復工事中だそうです。
今までの蝋人形館みたいな関所から、
当時の建物を復元した関所に立て替える模様。
それに伴う発掘成果も展示されていました。
現在はメインの建物と京都側の門、物見やぐらが
復元を完了したところ。
前に関所の建物が建っていたところに
当時あった詰め所を復元していました。
それと、江戸側の門とホール。
当時の関所の様子がよりわかるようになっているので、
関所の復元が完了したら、是非ともまた来たいです。
その次は大涌谷だったのですが、
海賊船を逃してしまったために、
帰りの電車を考えると10分程度しか滞在できませんでした。
一番奥まで歩く気は無かったけど、
黒たまごは出来立てを食べたかったなぁ、トホホ。
しょうがないから、売店で買おうとしたら
お土産用のセットだけで黒たまごのバラ売りはなし。
ロープウェイの駅ではバラで売っていたらしいのですが
午後15時半の段階で既に売り切れでした。
あと、奥への進路も16時までだから、
行くなら早目のほうがいいかも。
箱根ロープウェイにも、新型マシンが登場してた!
今までは桃源台から早雲山まで直通運転してましたが、
早雲山-大涌谷間は新型が登場したために、
全員大涌谷で乗り継ぎが必要になっていました。
この新型がすごい!
大涌谷を満喫できるように360度全部ガラス張り。
大涌谷駅を出て、すぐの一番の絶景が満遍なく楽しめるようになっています。
至るところから噴煙があがっている光景は壮絶!!!
最後は今回の旅の目的のロマンスカー!!!!
箱根湯本駅に入線するなり、フラッシュの嵐で迎えられました。
先頭車両は展望車になっていて、運転席は2階にある。
ここから運転手が降りてくるシーンがかっこいい!!
まるで、近未来のようでした。
飛行機のパイロットも真っ青なかっこよさですよ。

社内は木目を基本とした和風な作り。
シート間は普通の列車よりやや広い感じがする。
テーブルは前の座席の背もたれについているほか、
ボックスシートにしたとき用のテーブルが壁に備え着いています。
証明は間接照明になっていて、それが天井を照らして
室内高を実体よりも高く見せる効果があるようです。
ただ、まだまだ新車なので、新車特有のにおいが残っていましたので、
においに敏感な人はもう少し時間が経ってからのほうがいいかな。

0 件のコメント:

コメントを投稿