2005年9月13日火曜日

静岡日帰り出張

夏休み前最後の出張は静岡でした。
東北出張が続いたので
静岡はやけに近く感じました。
打ち合わせが伸びて
帰社するほどの時間ではなくなったので
帰り際に登呂遺跡に寄ってきました。

登呂遺跡

登呂遺跡といえば
数年前から再調査されていました。
なので、展示は再調査による
新発見に重点を置いていました。

ただ、再調査後の再整備が
終わっていないようで
工事中の雰囲気を残していました。

今の博物館の展示内容は
若干古い感じがするので
リニューアルの際は
展示スタイルも見直していのか
期待しています。

2005年9月9日金曜日

山形日帰り出張

東北出張も山形でひと段落。
ここから順番に南下していきます。

実は「つばさ」には初乗車でした。
振り返ってみると、
この一月で乗った新幹線は、
やまびこ・あおば・ひかり・こだま・はやて
そして、つばさ!!
と上越・長野新幹線以外は
網羅してしまったくらいの
新幹線出張続きでした。
ちなみに、長野出張は後輩が行ってました。

山形新幹線は車幅が狭い。
そりゃぁ、露骨に狭いです。
さすがミニ新幹線です。
新幹線と言えば、
通路を挟んで3席2席
の幅に慣れているものですから
両側2席だけでも狭く感じちゃいます。

その分座席数も少ないので
指摘席券が購入できず、
自由席に乗車しました。

社内物販もすごかったです。
車内販売に力を入れているようです。
確かに、車内消費はまだまだ
伸びる余地がある分野ですね。
コンビニで買ったジュースやお菓子を
社内販売に切り替えられれば
結構な収益になると思います。

少しでも協力しようと
ビーフジャーキーを買おうとしましたが
1000円もしました。
この価格設定はちょっとどうなんでしょうか。
顧客単価1000円以内として
1000円でビールとオツマミが買える
それくらいの価格設定が
良いんじゃないでしょうか。



降りた側の駅前が
裏口だったのかもしれませんが
駅前がものすごく寂しいですね。

これまで行ったことのある
県庁所在地の賑わいを並べると
仙台>青森>盛岡>山形
って感じです。
山形市の中心街は駅から遠いのかな。

2005年9月7日水曜日

青森日帰り出張

今月と来月は日本全国出張日和です。
電話営業かけて感触の良いところに
どんどん会いに行っています。



往路は東北新幹線で八戸までいって、
そこから在来線特急に乗るルートです。
こないだの仙台は近いもんでしたが、
青森へはとっても時間がかかります。
いやぁ、新幹線って偉大ですね。

午後からの約束なのに
東京出発は朝の8時半。
片道4時間かかるのですが、
飛行機なら韓国まで行けちゃいますね。

「はやて」は全席指定なので、
前日に「えきねっと」で席を予約。
「JR東日本」のみどりの窓口で発券してね
と念押しされたにも関わらず
JR東海ツアーズの窓口に並ぶという大失態。
結局、チケットを受け取れずに
6000円弱無駄に払うはめになっちゃっいました。

八戸まではあっという間でした。
この間仙台まで出張したので、
特に目新しいものはありませんでした。
ちなみに、「はやて」も
そのときに乗ってしまいました。

八戸からは在来線特急ですが
僕と同じように新幹線から乗り継ぐ
スーツ姿のサラリーマンが多数いました。
みんな飛行機よりもJR派なんですね。



青森駅へは8年ぶりくらいに来ました。
前回は三内丸山遺跡を見学しにきたときで
大学1年生でした。
なんか、懐かしかったです。
あのときの同級生は何をしているんだろうか。

青森駅は終着駅っぽくて好きです。
いわゆる「ターミナル」になってる駅は
今では数少ないのですが
やっぱり旅情はこっちの方がありますね。

関東でターミナルというと、
上野駅と千葉駅が趣を残しているかな。
私鉄には結構ありますけど
駅舎が無いのが残念ですよね。



帰りは飛行機でした。
同行した上司が、電車で帰るのを嫌がったためです。

青森市内から青森空港までバスで30分、
空港に着いてから出発まで30分、
空港から羽田まで1時間30分、
と合計で2時間30分かかる計算の上、
話題の日航機が送れて結果
羽田に着くまでに3時間以上かかりました。

飛行機は新幹線よりもオーバーヘッドが多くて
単純に時間を計算できないので
出張はやはり電車の方がいいですね。