2010年10月22日金曜日

ハブ空港について

ついに、羽田空港に国際線の定期便が帰ってきましたね。
まだまだ、路線も限定されている上に
深夜・早朝便ばかりですが、これからどんどん増便していくことと思います。

さて、羽田空港のリニューアルに伴って、
「ハブ空港」という言葉がニュースなどにも
大きく登場してくるようになりました。
しかし、どうにもハブ空港がどういった空港なのか、
そこを適切に理解しないままにハブ空港理論が
盛んに喧伝されてしまっているように感じます。

僕は羽田空港はハブ空港にはなりえないと考えています。
首都圏でハブ空港として機能するのは羽田よりも成田です。
ハブ空港の確立を目指すのであれば成田空港の再開発の方が効果的です。


ハブ空港を理解するのに一番わかりやすいのが
韓国の仁川空港です。
仁川は東アジア最大のハブ空港として現時点で最も成功している空港ですが、
ソウルからは決して近くありません。
ソウル市街には東京の羽田にあたる金浦空港があります。

実はインチョンに限らず、上海も香港もバンコクも
シンガポールもハブ空港建設のために
市街から遠い場所を選んでいます。
これは、郊外の方が土地を確保しやすいからです。

空港の敷地面積だけで見れば、羽田も仁川もあまり変わりません。
しかし、ハブ空港に求められるのは空港単体の機能ではなく
多くの人が滞在するための設備や物流のための設備です。
具体例をあげるならば、ホテルやコンベンションセンター、
物流センターや倉庫などです。
さらには、今後の交通量の増加に対応できる拡張性も重要になってきます。

Google Mapで羽田空港仁川空港を比べてみると一目瞭然ですが、
羽田空港には、これ以上の拡張の余力がまったくありません。
一方で仁川空港周辺には多くの土地が残されています。

韓国政府は仁川空港周辺を経済特区として開発を進め、
20万人以上の都市を作ろうとしています。
また、仁川海港の再開発と合わせて
仁川空港に集約させた人・モノを
効果的に活用しようとしています。

つまり、日本から輸入した自動車部品を
仁川空港に隣接した自動車工場で組み立てて
そのまま仁川港から輸出していこうという考えです。

このようにハブ空港は、ただ単に飛行機が集まるだけでなく
人・モノの集積地にする場所になっています。
空港を中心として経済活動を集約させる
大規模な都市計画に基づく必要があるのですが、
羽田周辺に、それだけの再開発を行う余力は
殆ど無いと考えます。


もうひとつ、羽田の不利な点は「都心に近すぎる」ということです。
近いことは便利だと思いますが、ハブ空港には不利なのです。
ハブ空港は各地から物資を集積し、
それを目的地へ拡散していく役割があります。
そのためには、まず集める必要があります。

たとえば、大間のマグロが三沢から羽田に旅客機の荷物として
輸送されて、香港に輸出することを考えてみますと、
早朝に三沢を出発した便が羽田に午前中に着いて
検疫が無かったとしても、昼前後の香港便に乗せることになります。
そして、夕方に香港空港に到着して
夜には香港のレストランに並ぶことができます。

では、首都圏の人にとって、香港に夕方着くのと
朝出発して昼過ぎに香港に着くのとどちらが望ましいでしょうか?
しかし、朝便が多いと地方空港からの到着便は間に合いません。
ハブ空港としての利便性は空港周辺住民の利便性と
一定のトレードオフの関係が見られます。
つまり、羽田空港がハブ空港としての機能強化を目指せば
首都圏の人にとって利用しづらい空港に
なってしまうという事です。


以上を踏まえて、僕は羽田空港はハブ空港になるのではなく
あくまで東京及び首都圏に住む人々または
世界中から東京に来る人々にとって利便性の高い
「ゲートウェイ空港」としての魅力を高めていくことが
より日本経済の発展につながることと考えています。

では、日本のハブはどこになるかといれば、
それはまさに成田空港になるわけです。
羽田に代わる拠点空港として開設された空港なのですから、
ここをハブ化するのがあるべき姿といえます。
これまでは内際分離の観点から成田空港への
国内線が乏しかったですが、羽田が国際化した今
成田が国内線路線を増やすことに制約はありません。

では、なぜ成田がハブ空港としての機能拡充が出来ず
羽田をハブとしようとしているのか?
このスタート地点でのボタンの掛け違えこそが
日本の空港行政の大失敗であり、
そこを正さないで、羽田ハブ化でごまかそうとするのは
大きな過ちであると考えます。

つまりは、三里塚闘争によって引き起こされた
成田空港の開発・運用を巡る諸制約こそが問題であって
そこを真正面から解決し、成田の24時間運転、B滑走路延長、
C滑走路の建設といった宿題を解消していくことによって
日本に真のハブ空港が出来ると考えます。

0 件のコメント:

コメントを投稿