2010年12月19日日曜日

香港旅行2日目 映月楼(Serenade)で夕食

昼食の頃から子どもの体調が悪くなってきたので
マカオ観光を切り上げて香港に戻ってきました。
しかし帰りのフェリーの機材が古いせいかひどい揺れで、
船の中全体で「ゲロゲロ大会」が開催されることになり
まさに地獄絵図といえる状況が展開されていました。

香港に戻ってからの予定は「アクアルナ」で夜景でしたが
子どもの体調を考慮して両親はキャンセルして
祖父ちゃん、祖母ちゃんだけで行ってもらいました。

このアクアルナですが、ジャンク船と呼ばれる
中国の伝統的な船を模した船で香港の夜景を
海から眺められるというクルージングです。
クルーズ自体は終日行われているのですが
ちょうど、香港のイルミネーションが動き出す
時間のクルージングは幻想的の一言だそうです。

日本ではまだまだマイナーなアクアルナですので
前日でも夜景が一番見どころな時間のクルーズを
予約することが出来ました。
穴場なうちに是非とも行ってみてください。
僕もリベンジしたい場所です!

子どもの体調を考えて部屋食にしたかったのですが
子どもが食べられるルームサービスが少なく
昨日と同じメニューとなってしまうので
ホテルから近いレストランで夕食としました。

食べたのは「映月楼(Serenade)」という
ハーバービューのレストランです。
とはいえ、着席したのは一番遠い席でした。

このレストランのチョイスが本当に大失敗。
レストラン内は中国人観光客の団体に占拠され
明らかに厨房が回っていない様子でした。

注文はしたものの一向に料理が来ないため
待ちくたびれた娘は、お茶をスープに見立てて
ごくごく飲んで空腹をしのいでいました。
やっとでてきたのは豚バラの炒め物。
はちみつ風味のマスタードを付けるのですが
味は絶品でめちゃくちゃ美味しいです。
これが注文してから10分くらいで出てくれば
このレストランをほめちぎったのですが…。

この後、チャーハンとラーメンが出てくるまで
待つこと1時間でした。1時間!60分待ちました!
中国人のテーブルには料理が届いているのに
うちらの所だけ、いや隣の日本人グループにも
一向に料理が出てこないので、「もしや!」と
勘繰りたくもなりました。

おかげで、子どもの寝る時間も遅くなってしまい、ますます体調を悪くしていました。トホホ…。


⇒『香港旅行3日目 九龍半島を駆け抜けろ』へ続く

0 件のコメント:

コメントを投稿