2010年12月20日月曜日

香港旅行3日目 夜上海で夕食

香港 夜上海夕食はホテルにあるレストラン「夜上海」で食べました。
昨日は外に出かけて大失敗だったので
今日は朝からレストランを予約しておきました。
実は、この夜上海もミシュラン1つ星だそうで、
うちの娘は1歳にしてミシュラン星付き2店舗目です。

料理は店の名前の通り上海料理が中心です。
特に、この時期のといえば上海蟹ですね。
上海蟹を食べるのも、今回の目的の一つだったので
思わぬ形で実現することになりました。


香港 夜上海もちりん娘が大好きな点心もありました。
香港に来て分かった意外な事実のですが、
点心は飲茶のお伴として食べる食べ物なので
夕食にシウマイなどの点心を食べようとしても
ほとんどのレストランのメニューには無いのです。

香港で点心が食べたいときは朝食で食べるか
午後のおやの時間でないと食べられないので
旅程を立てる際には十分に注意してください!
香港 夜上海 上海蟹そしてメインの上海蟹です。
初めての上海蟹でしたが、どこを食べるのか
食べる場所がよくわかりませんでした。
とりあえずミソは濃厚で美味しかったです。
ただ、ミソを先に食べてしまうのと
アシの部分の肉が淡泊な味になってしまい
美味しさを感じられなくなってしまうので
足から先に食べるのが正解かもしれません。

うちの親父は殻の先まで嘗めつくして
スタッフから中国人みたいだと驚かれましたが
ええ、中国人ですから、と答えておきました。

香港 夜上海最後はデザートまで満喫しちゃいました。
上海蟹含めてお腹いっぱい食べたのに
1人あたり5000円くらいでした。
ミシュランの一つ星なのに結構リーズナブルですね。
日本のちょっとおしゃれな居酒屋と同じ値段ですよ。

ただ、BGMが日本の懐メロばかりだったのが不思議です。
高級中華料理食べている雰囲気が出ないんですよ。
おしゃれな洋楽を流している日本のレストランでも
イタリア人にとっては違和感のあるBGMかもしれないな
とちょっと思いました。


⇒『1881 Heritageのクリスマスイルミネーション』へ続く

0 件のコメント:

コメントを投稿