2011年2月17日木曜日

ナイル川クルーズで旅する

エジプト クルーズエジプト旅行とくればクルーズ旅行がおすすめなので、
クルーズ旅行の旅程や面白さを紹介したいと思います。

まず最初にナイル川クルーズのツアーとはいっても、
全旅程がクルーズでの移動ではないことに注意です。
クルーズでの移動はルクソールとアスワンの間で、
それ以外の移動はバスか飛行機が基本となります。

僕が乗ったクルーズ船はルクソールからアスワンへ
ナイル川を遡っていく旅程でしたが、その逆方向の
アスワンからナイル川を下るツアーもあるようです。

エジプト クルーズクルーズ旅行の一番の見どころはナイル河畔です。
ナイル川から見る緑溢れるアフリカの大地であったり
河岸から手を振る無邪気な子供たちであったりという
観光地以外の景色を見る絶好の機会となります。

エジプトツアーの多くは世界遺産のアブシンベルと
アスワンハイダムの観光が含まれていますが、
もしクルーズ旅行出ない場合、観光スポットだけを
飛行機とバスで巡ってカイロかルクソールへ去る
というルートになり、普通のエジプトを見る事が
なかなか難しいものとなっています。
ナイル川 夕日また、時間に追われずに旅が出来る事もメリットです。
バスツアーですと早朝にホテルを出発する事も多く
朝の9時から観光するために8時にホテルを出発
ということは朝6時半には起床しないといけない
とホテルでゆっくり寝る事も出来ない時もあります。

しかし、クルーズ船であれば、観光地近くまで
寝ている間に船が運んでくれるので焦ることなく
のんびりとした朝を過ごす事ができるのです。
ナイルクルーズ船のんびりと過ごせるのは朝に限った話ではなく
移動中は基本的にぐうたらタイムとなります。
その間はベッドで昼寝するもよし、泳ぐもよし
テラスで読書に励むもよしの自由時間です。

これがバスツアーならば狭いバスに揺られて
本を読もうにも車酔いしちゃいそうだったり
トイレに行きたくなったりのどが渇いたり
とクルーズ船に比べて苦行のような移動です。

最後のメリットはこの写真のとおりです。
万が一、体調不良でダウンしても大丈夫。
チェックアウトは不要だし、どれだけ寝ても
他の参加者の旅程に影響を与える事はなく
じっくりと体調を回復する事ができます。

体調の弱い人こそクルーズですね。

0 件のコメント:

コメントを投稿