2011年3月11日金曜日

沖縄 花笠食堂

花笠食堂先日の社員旅行の最終日に牧志の公設市場に行ったら、
日曜日なので残念ながら建物自体が閉まっていました。
そこで、近くの店屋のおばちゃんに地元の人が通う
おすすめの食堂として花笠食堂を教えてもらいました。

牧志公設市場の北東の角から路地に入った場所ですが
入り口に大きな看板があるのですぐに解ります。

店の中は観光客と地元常連で常に混雑しており
オフシーズンでも賑やかな店内でした。

2011年3月10日木曜日

沖縄 牧志公設市場

牧志公設市場那覇観光で必須の場所といえば、牧志公設市場ですね。
沖縄で一番有名な観光スポットと思っていましたが
会社の後輩に意外と知られていませんでした。

場所は国際通りから少し南に入った場所です。
国際通りと公設市場の間はアーケードになっていて
ローカルな雰囲気を出しているので直ぐにわかります。

1階が市場で2階はフードコートになっていて、
市場で買った魚をフードコートで調理してもらえます。
ただし、魚が数千円で調理も数千円と結構するので
今まで一度も調理してもらった事はありません。

2011年3月9日水曜日

検索キーワードの傾向

このブログも定期的に更新を始めてから4か月が経過し、アクセス数も増えてきました。
とくに、GoogleやYahooなどの検索エンジンからのアクセスが急増しました。
なので僕のブログへは、どういったワードでたどり着いてきているかをまとめてみました。

2011年3月8日火曜日

沖縄 美ら海水族館

美ら海水族館今や沖縄で一番の観光名所となった美ら海水族館。
沖縄旅行ではマストの立ち寄りポイントですね。

ただ、沖縄北部の本部半島の先っぽに立地しているので
那覇からだとレンタカーで片道2時間くらいかかります。
なので美ら海水族館に行くのであれば、ここだけでなく
今帰仁城や古宇利大橋などとあわせて1日北部観光という
日程を組んだ方が効率的に観光が出来ます。


2011年3月7日月曜日

沖縄 万座毛

万座毛沖縄の名勝として有名な万座毛の「ゾウの鼻」です。
正直、かなりのがっかりポイントでした。
僕の中では東尋坊と並ぶガッカリ海岸ですね。

これは僕が地形マニアだっていうのも関係してますが、
沖縄の海岸は万座毛以外も多くが石灰岩や砂岩なので
波による浸食に弱くて、似たような景色になります。
たまたま万座毛の浸食の形が面白いだけで、
この景色は沖縄の崖ならどこでも見られます。

2011年3月6日日曜日

沖縄 読谷村サイクリング

読谷村社員旅行で宿泊した日航アリビラの近くには
「座喜味城」という世界遺産のグスクがあります。
ホテル滞在中に時間が空いたので自転車を借りて、
座喜味城までサイクリングに行ってきました。
ちなみに、レンタル代は1時間500円です。

自転車にはママチャリとMTBがあるのですが
MTBには鍵が付いていないので注意です。

2011年3月5日土曜日

沖縄 基地の町

沖縄これまで沖縄観光といえば那覇市内と北部だったので
沖縄は基地の町だと言われても基地を見ていないので
イマイチ、ピンと来ていませんでした。

今回、タクシーで中部の城を巡っていた結果として
普天間や嘉手納の基地周辺を走り回りました。

いや、本当に基地の中に町があるんですね。
道の両側が柵で囲まれた米軍の住宅地になっていて
その隙間を縫うように道路沿いに店があったり
店の看板が当然の英語だったりしました。

2011年3月4日金曜日

沖縄 日航アリビラ

日航アリビラ今回の社員旅行で滞在したのは日航アリビラでした。
日航と名がつくだけあって立派なリゾートホテルです。

部屋はカップルで宿泊するようにデザインされていて、
いろいろなアメニティが男女ペアになっていました。
しかし、こちらはオッサン2人で相部屋となったので
かなり微妙な空気を醸し出していましたね。

やはり、ここはカップルで来るホテルのようです。

2011年3月3日木曜日

社員旅行の楽しさ

日航アリビラ先週末は金土日と2泊3日で沖縄へ社員旅行でした。
実は社会人になって以来初めての社員旅行です。
団体旅行って修学旅行っぽい雰囲気があるので
青春を取り戻した気分になってきて結構好きです。

社員旅行とは言え、団体行動は沖縄空港到着までで
初日の夜に全員で会食を行う以外は自由行動でした。

ホテルに戻ってこないで観光を楽しんだ人もいたり
思い思いに羽を伸ばしてリフレッシュできました。

2011年3月2日水曜日

ルクソール ルクソール神殿

ルクソール神殿ルクソール神殿はルクソール駅前の通りの突き当り、
町の中心部と呼べるような場所に立地しています。

神殿の入り口にはオベリスクが2本ありましたが
1本はパリのコンコルド広場に運ばれていってしまい
今では1本だけが寂しくたたずんでいました。

ここはナイル河畔に立地しているわけですが、
周辺の道路よりも1メートルくらい低くなっています。
それだけ、ナイル川が土砂を堆積させたわけですね。

2011年3月1日火曜日

ルクソール カルナック神殿

カルナック神殿ルクソール東海岸の目玉といえばカルナック神殿です。
新王国時代の宗教の中心地として栄え
多くのファラオによって増改築された神殿です。
ルクソールといえば欠かせない場所ですね。

神殿の参道には羊のスフィンクスが連なっており、
この参道をまっすぐナイル川の方向へ突き進むと
ハトシェプスト女王の葬祭殿に着くそうです。
もちろん、その裏には王家の谷がある場所です。