2011年3月10日木曜日

沖縄 牧志公設市場

牧志公設市場那覇観光で必須の場所といえば、牧志公設市場ですね。
沖縄で一番有名な観光スポットと思っていましたが
会社の後輩に意外と知られていませんでした。

場所は国際通りから少し南に入った場所です。
国際通りと公設市場の間はアーケードになっていて
ローカルな雰囲気を出しているので直ぐにわかります。

1階が市場で2階はフードコートになっていて、
市場で買った魚をフードコートで調理してもらえます。
ただし、魚が数千円で調理も数千円と結構するので
今まで一度も調理してもらった事はありません。

牧志公設市場僕の大好物の沖縄そばの「てびち」入りです。
「てびち」ってのは沖縄風の豚足料理ですね。
コラーゲンがプルプルしていて美味しいのですが
沖縄そばには野菜の具が乗っていないものですから
途中で棟焼けしちゃって大変でした。

ちなみにフードコートの料理は観光客値段なので
若干お高めの値段設定となっています。
もちろん、それでも内地で食べるよりも安いです。
牧志公設市場他にはグルクンのから揚げがお勧めの料理です。
グルクンとは沖縄のアジと呼べる大衆魚なので
アジ好きの僕は親近感があって好きになりました。

なお、牧志の公設市場は毎週日曜は定休日なので
週末に沖縄旅行をする際には注意が必要です。

また、市場の近くにスーパーもありますので
お土産などを買うときはスーパーの方が便利です。

0 件のコメント:

コメントを投稿